―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 最近の話です。肌のケアをしていた時にふとした思いつ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/05/25

最近の話です。肌のケアをしていた時にふとした思いつ

最近の話です。肌のケアをしていた時にふとした思いつきがありました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかもしれない、ということです。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はなんとかならないものか、と思っていたのですが炭酸パックを試し始めてしばらく経ち、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。

炭酸パックが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。一番有名なコラーゲンの効能といえば、美肌効果であります。コラーゲンをとることによって、体中のコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌のハリなどに効果を与えます。

実際、体内のコラーゲンが足りなくなると老化が一気に進行するので、若々しくいるためにも摂取されることをおすすめします。

ここのところ、スキンケアにココナッツオイルを利用する女性を中心に急増しているのをご存じですか?化粧水をつける前や後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。

メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとしても活躍するそう。もちろん、日々の食事にプラスするだけでもお肌にいい影響を与えます。

ただ、品質の良いものである事はとても重要ですので十分に気を使って選んでくださいね。

ヒアルロン酸は人体にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に分類されるゲルのような性質を持つ成分です。

とても水分を保持する能力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が含有されています。

加齢に従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。

肌のカサつきが気になる場合には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。

角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。

表皮の健康を保持する防護壁のような機能もあるため、十分な量が存在しないと肌荒れしてしまうのです。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。

スキンケアは全く行わず肌そのものが持つ保湿力を持続させて行く考えです。でも、メイク後には、クレンジング無しという訳にもいきません。クレンジング後、ケアをしてあげないと肌の乾燥が加速します。

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

美容成分が多く含まれている化粧水や、美容液を使うことで保湿、保水力のアップに繋がります。

スキンケアには、コラーゲンやヒアルロン酸はもちろん、アミノ酸などが含まれている化粧品をおすすめします。

血流を良くすることも重要ですので、ストレッチや半身浴だけではなく、適度な有酸素運動もやり血の流れを、良い方向にもっていってください。

スキンケアをオールインワン化粧品に頼っている方も多くいらっしゃいます。スキンケアに使う化粧品をオールインワン化粧品にすると、さっと済ませることができるので、使われる方が増加傾向にあるのも当然であると言えましょう。

スキンケア化粧品を一通り揃えるよりもぐっとお安く済ませられます。

けれどもどうしてもお客様のお肌に合わないといったことがございますから、配合成分をよく読み、ご自身のお肌とご相談ください。肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、飲む美容液。ローズヒップティーです。

レモンの数十倍という肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりでくすみ、シミの元を体の内側からなくし、肌の再生に必要なコラーゲンを生成してシミが出来にくいお肌を取り戻し、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。強力な抗酸化作用も持っていて、若返りにもいいかもしれません。

いつの間にか増えていく肌のシワですが、シワのできる原因というのは色々あるものの、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、これがシワの発生につながるのです。顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり乾燥の影響を受けやすくなっており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらはどんどん減っていく一方となるため、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。

肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりとなっています。

傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージが届いてしまいます。ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、それでシワやたるみが起こるのです。

あなたはしわ取りテープについて聞いたことはおありでしょうか。

このテープを貼ると顔のしわが取れるというこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメ関連にとても詳しい芸能人によって紹介されました。

紹介者も愛用しているということです。しわを広げてテープを張り付け、しわを目立たなくさせるよう矯正するもののようですが、貼っている間は引っ張られる感覚があって、効いている気がするのですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、軽いかぶれなどが出ることもあり得ます。しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。

顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはなんとかできるものなら、したいものです。シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、それでも日焼けをしてしまったのなら日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。こまめなケアでシミ、シワ改善となり、アンチエイジングできます。

全身至る所に血管は走っており、身体の表面を覆う皮膚のあらゆる部分を毛細血管はカバーしています。

毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。喫煙時、吸い込む煙に含まれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、シワ、たるみが増えるわけです。

肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。肌荒れ、シワの増加といったこともよく目立つために、悩む人は多いです。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産後、急激に減少し、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

肌からビタミンCを吸収しようとして、レモンを直接顔に貼り付け、パックとすることが以前流行りましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、決して行ってはいけません。レモン果皮の成分を肌につけて紫外線に当たると、皮膚が紫外線に敏感に反応してしまいます。シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンから得たいと思うなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは常に保湿を意識することです。

さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも重要なことです。

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってお肌の乾燥の元になります。

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔方法も再度確認してみてください。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミのない美肌をつくリ出すために食べてほしいものの一つです。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCをしっかり摂取したいので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を体内にとりこんでいけば、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを防ぐことができます。くすみが目立つ大きな原因として、糖分の摂り過ぎを疑ってください。お菓子など、甘いものをたくさん食べていると化粧や、その他のケアが完璧でもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。

全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.