―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 肌のカサつきに対処する場合には、セラミドを

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/12/14

肌のカサつきに対処する場合には、セラミドを

肌のカサつきに対処する場合には、セラミドを摂取するようになさってみてください。

セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。

角質層は何層もの角質細胞から成っていて、細胞と細胞とを糊のように繋いでいるわけです。

表皮を健康な状態に維持する防護壁のような機能もあるため、必要な量が存在しないと肌荒れしてしまうのです。

お肌が薄い人は、そうでない人と比べてシワがたくさんできるということを、ご存知でしたでしょうか。

顔にシワができやすいと自分で思っている人は肌を見て、チェックしてみましょう。

肌を見て血管が薄く透けて見えている人は、それだけ薄い方だと思っておいていいかもしれません。なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。それで、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。

キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。

この模様、キメが美しい肌というのは皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

一日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれるでしょう。

お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。

水分不足はお肌の血行不良を招きます。老廃物が分解・代謝されなくなりシミやくすみを悪化させてしまいます。それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えることになります。

水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。

スキンケアを0にして肌から湧き上がる保湿力を失わないようにするという原理です。でも、メイク後には、メイク落としをしない人はいないですよね。

クレンジング後、ケアをしてあげないと肌はみるみる乾燥していきます。

気分によっては肌断食もいいですが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。

くすみが気になる原因としては、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。お菓子でお腹を満たしているとお肌の外側からいくらケアしても黄色いくすみや、シミが目立つことがあるのです。コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱まっていると考えられます。

コラーゲンと糖が結びつき、老化を進める糖化物質ができることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてください。肌にできたシミでお悩みの女性もかなりの数にのぼるでしょう。皮膚に現れたシミに効き目があるとされている食材の一つとして挙げられるのが、はちみつなのです。

はちみつの含む成分により色素沈着したところが目立たなくなる効果があり、お肌に沈着した色素、言い換えると、シミ、そばかすなどを薄くする効果があるのです。

お肌のシミが悩みの種とおっしゃる方ははちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされると言われることもあります。肌本来の調子を取り戻すためのものとしてはアロマオイルが例として挙げられます。特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血行の促進に作用するゼラニウムは、くすみに最適です。マッサージに利用するのはもちろん、スチームの容器に何滴かたらして使ってみるのもよいかもしれません。

洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、毛穴の汚れや角質などが落ちて、気になっていたシミも薄くなってきたという話がネットで広がっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。

精製のレベルによって重曹は、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ごしごし洗うことは避けてください。

そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、潤いを補充してください。最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女性が激増しているようです。化粧水をつける前や後に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。メイク落としとしても使えますし、マッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。

当然、食べる事でもスキンケアにつなげることができます。ただ、毎日使うものですし、質の良さにはこだわって選びたいですね。

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。

その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが今や周知の事実です。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いのもこのシミの特徴です。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。肝臓では、血液を通して体内で産生された物質を代謝や分解して、有害な物質を無害にしているのです。

肝臓の働きが阻害されると、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。過剰なストレスを肝臓に与えないことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくキーポイントなのです。

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はお肌のことを考えてください。糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、全身の老化を早める糖化物質が全身にたまってくるのです。コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、お肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態になってしまいます。毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見て悲鳴を上げそうになりました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。

どれだけ自分が疲れ果てているのか、はっきり映っていました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしても洗顔をはじめ意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて自分の肌を保護しよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。

目の下の部分などは特に細かいシワが出ますし、クマも出て、これがなかなか消えません。

そんなこんなで年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

肌の瑞々しさ、張りやツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

ここでは顔だけを見てみますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。その一番のメリットは、抗酸化作用になります。活性酸素の働きを抑えることで、シミからお肌を守ったり、悩んでいたシミにも消していってくれます。

いいこと尽くしの抜群の美肌成分「ポリフェノール」ですが、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

いつも不足しないように心掛けることが大事です。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCの効果をさらに高めてくれます。メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCの力は欠かせないので、ビタミンCとカテキンを同時に摂ることができれば、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを抑制する効果があります。

美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。

すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはどのような種類のシミなのかよく知っておいてください。自分のシミに効き目がある化粧品を選ばないと、シミを増やす結果になりかねません。

医師の指導に従って、服薬やレーザー治療を受けることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと言いきってよいでしょう。

洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に大切なことです。

これをおろそかにすることでますます肌が乾燥してしまいます。

そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものを選んでください。

これに限らず保湿効果のある入浴剤を使用したり、熱いお湯を使わないというのも乾燥肌に効果があります。

紫外線を同じ時間浴びたとします。しかし、それによって現れてしまうシミは人それぞれです。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌があります。

具体的に申しますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。

見分け方についてですが、日焼けした時にヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.