―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 元々、お肌が乾燥しにくい人でも冬にな

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/08/19

元々、お肌が乾燥しにくい人でも冬にな

元々、お肌が乾燥しにくい人でも冬になるとカサつきになってしまう場合もあるので、顔を洗った後や入浴の後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使うと良いでしょう。寒い季節になるとお肌トラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。きちんと保湿しておくことと血行促進することが冬の肌の手入れの秘訣です。

潤いが不足する肌は、一日一日の丁寧な洗顔とその後の潤い補給を正確に行うことで、改善が期待されます。

どこに行くにもメイクをされる方の場合には、メイク落としから見直してみましょう。クレンジングで大切なことは、メイクをしっかり落として、それと同時に、肌にとって余分ではない角質や皮脂は取り去らないようにすることです。

今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女の人がぐんぐん増加しています。化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、スキンケア化粧品に混ぜて使うなど、使い方は様々。メイク落としとしても使えますし、マッサージオイルとして使っている、という方も。

当然、食べる事でも抜群のスキンケア効果を発揮するんです。

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはしっかり意識して選んでください。肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているそうです。もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと皮膚に厚みがないと、単純に場所がありませんから、水分を含んでおくことができません。すぐに乾燥し、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。

そして通常、肌は年齢とともに薄くなっていくものであり、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、肌の湿度を一定に保つことです。

洗顔をきちんと行わないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。

そして、肌が乾燥してしまっても肌をトラブルから保護する機能を弱めてしまうことになるため、乾燥させないようにしてください。でも、潤いを与えすぎることも肌のためにはなりません。肌は状態を見てスキンケアのやり方を変えなければなりません。365日全くかわらない方法でお肌を思っていれば大丈夫ということはないのです。

特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように変化させていくことが必要なのです。

そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も季節にあったケアをすることも大切なのです。

美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはシミの原因は何かを十分理解してください。どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければむしろお肌にダメージを与えることもあります。

医師の診療を受け、薬やレーザーによる治療も考えられますが、お肌の健康を考えた生活習慣を築いていくことが美白への最短ルートだと断言できます。

保湿機能の弱ってる肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも大切なことです。高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってお肌の乾燥の元になります。

洗顔に使用するお湯の温度ですが熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。

紫外線を同じだけ浴びたとしても、それにより肌に出来るシミは人それぞれです。

要するに、シミに出やすいタイプの肌が存在しています。

具体的に申しますと、きめの細かい白い肌を指します。見分け方についてですが、夏場、日焼けするとヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。

白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。

肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするなどということが大切です。

しかし、体の中からケアしてあげることも同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などは、どんなに高価で優れた化粧品でも、お肌は綺麗になりません。

規則正しい生活をすることで、肌を体の内部からケアすることができます。しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるしわ取りテープですが、実は以前、テレビでコスメなどに詳しいという芸能人に絶賛されており、その芸能人自身も使っているということでした。

顏のしわを伸ばしてテープを貼り付け、しわの矯正をするという趣旨の商品のようで、貼っている時は顔がテープに引っ張られて、効いているような気持ちになるようですが、長時間使用し続けるのは、肌への負担も小さいものではないようで、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。

芸能人の肌をテレビで見るとシミも存在しないほど、美しいことがほとんどです。

とはいえ、芸能人もヒトですから、実は、お肌の悩みからは逃れられないのです。

もちろん、人前に出てこその仕事ですので、我々とは比べられないほど、躍起になっているに違いありません。肌トラブルの対策方法を芸能人に学べば、もしかしたら、肌のお手入れに利用できるかもしれませんよね。

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですが知ってはいながら、つい手加減なしにメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、おまけにクリームも、ぐぐっと力の加減なしに塗りたくったりしてしまいます。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、指の腹を使って、優しく優しくを心がけるのがよいのだそうです。

なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。ガングロというと懐かしいような気もしますが、再度、ブームになりそうな兆しが見られます。

数あるスタイルの一つとして浸透し始めた感もありますが、懸念されるのはお肌のシミです。人それぞれですが、ガングロを卒業するとシミがガングロではなかった人よりも多く発生してしまうでしょう。肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここは細かいシワもでるしクマも居座るしで、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが年齢を重ねるに従って失われていくと、肌はしぼんでシワとなります。顔に限定しますが、どこの部位にできたシワで悩む人が多いかというと眉間、口の両端、目の下と目尻、あとは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。お肌のターンオーバーを正常化することでシミの軽減が期待できるのですが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、その効果をいっそう実感できるはずです。ただし、過剰なピーリングを行うと、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパックかもしれません。一日かけて溜まった肌の疲れをとるための貴重なリラックスタイムです。

自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかもしれません。普通のプレーンタイプのヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をし肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからシワ予防にも効果が期待できそうです。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、なんとかできるものなら、したいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。そして、もしも日焼けをしてしまったのなら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こまめなケアでシミ、シワ改善となり、若返りできます。スキンケアといえばオイル!という女性も増えてきているのではないでしょうか。

スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。選ぶオイルの種類によってもいろいろと効果が変わってきますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のオイルを使ってみるといいでしょう。

また、オイルの効果は質によって違いがありますので、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。前々からそのダイエット効果に注目していて、一度はやってみたいと思っていた、ファスティングダイエットをこなしてみたら、なんと3キロもの減量ができました。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

ファスティングダイエットとしわの増加が何らかの関係があるのかは不明ですけれど、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、今はとりあえず、肌のお手入れをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.