―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 肌は状態を見てスキンケアのやり方

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/06/24

肌は状態を見てスキンケアのやり方

肌は状態を見てスキンケアのやり方をさまざまな方法に切り替える必要があります。日々同じやり方で、お肌をお手入れすればいいわけではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように変えてあげることがお肌のためなのです。

春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから方法を使い分けることもお肌のためなのです。

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、肌が薄くなることがわかっています。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層の重なりとなっています。掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージを受けることが多くなってしまいます。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。きちんとした使い方をしないと、せっかくの効果も半減してしまいます。

洗顔の後は、まず化粧水。肌を潤しましょう。

もし、美容液を使うときは化粧水の後になります。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。

肌にしっかりと水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。一時は大ブームとなったガングロですが、最近になって再び、流行の気配です。数あるスタイルの一つとして浸透し始めた感もありますが、お肌のシミが心配ですよね。

人それぞれですが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、ケアしていた人よりも多くのシミが目立つようです。

どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をなるたけ含んでいないということが一番大切です。

刺激の強い成分(保存料など)はかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、どのようなものが使われているのか、しっかり見るようにしましょう。

CMや値段に惑わされず最も自分に合ったものを選ぶようにしましょう。洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に大切なことです。

これを怠ることでより肌の乾燥を生んでしまいます。

また、クレンジングや化粧用品も保湿力や保水力のあるものを使ってください。ほかにも保湿効果のある入浴剤を使用したり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に効果があります。肌にシミが増えてしまうと、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。加齢が進むにつれて、肌の回復する力が弱まり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼け対策は怠ってはいけません。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、どんどん摂るようにしてください。糖質を摂り過ぎるのは注意が必要です。

砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。

体内で糖分がタンパク質と反応し、老化の進行を加速させる糖化物質が生み出されるのです。

コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、お肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になってしまいます。

乾燥した肌の場合、スキンケアが非常に大事になります。

間違った肌ケアは状態を悪化させるので、正確な方法を理解しておきましょう。

まず、洗いすぎはタブーです。

皮膚のてかりが気になるからといって1日に幾度も幾度も顔を洗ってしまうと素肌が乾燥してしまいます。

逆に皮脂の分泌物の量が増えてしまうので、朝晩の2階で十分です。お肌のために最も大切なのは日々の正しい洗顔が鍵となります。

肌を痛めてはしまう洗顔とはお肌を傷つける原因となり潤いを保つ力を低下させてしまいます原因を引き起こします。

力任せにせず優しく洗うしっかりとすすぐ、このようなことに注意して洗う顔を洗うように心がけましょう。近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、思い切って毎日摂っている食事を見直して、改善できるところを変えてみるのが良さそうです。

食べ物が変わると、それ相応に肌も変わってくるでしょう。こうしてシワ、シミその他の肌トラブルも徐々に改善に向かうでしょう。

毎日食べる食事の質が、私たちの身体の質を決めるのです。

難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それから食事内容の吟味に進めばよいでしょう。これは地味ながら究極のアンチエイジングだと言っても良いでしょう。食事により、身体の根本からアプローチするこの方法は、効果はゆっくりですが、必ずあらわれてくるはずです。

あなたはスキンケア家電が密かに注目を受けていることを知っていますか。

自分のスケジュールに合わせて家の中で、エステに訪れてプロの方にしてもらうフェイシャルコースと同じような肌の美しさに磨きをかけることができるのですから、もちろん、皆の評判になりますよね。

ですが、人によっては買った後に毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。

すぐさま手に入れようとするのではなく、自分にとってそれが使いやすい品なのかもよくよく考えて、見極めてください。

スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

いわゆるスキンケアを何もせず肌由来の保湿力を守っていくいう姿勢です。

でも、メイク後には、メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。クレンジング後、ケアをしてあげないと肌は乾燥するものです。

ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかもしれませんが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

肝臓には多くの血液が流れており、体内でできた物質を代謝・分解することにより人体にとって無害な物質に変えていくのです。

この肝臓の働きがうまくいかないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、肌の調子を乱していくのです。

過剰なストレスを肝臓に与えないことが、お肌の健康を維持するための隠れた必須条件です。

一日最低2リットルの水を飲むことが健康に役立ちます。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分不足はお肌の血行不良を招きます。老廃物や有害物質がたまることでシミやくすみを悪化させてしまいます。また、肌の奥から乾燥して、お顔にシワやほうれい線も増えることになります。水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、焦ってしまいますよね。

若い人の肌が目に入ってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、メイク映えしているので嫉妬してしまいます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、肌を紫外線から守ったり、若返りをしっかりしようと考えています。アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てびっくりしてしまいました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを突きつけられた気がしました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。どんなに疲れて帰宅しても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、自分の肌を保護しよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、大事な役割を果たしてくれます。けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。

紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。お肌の負担を軽くするために、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。スキンケア真っ最中にふと思いついたことがあります。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわがあまりできないのではないか、ということです。

ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、少し前から炭酸パックを始めてみて、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

冬になるにつれ空気は乾燥していき、その影響から肌の潤いも奪われがちです。

水分が肌に足りないと肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるのでほかの季節よりもしっかりとしたケアが必要です。

潤いが足りない肌のトラブルを予防するためにも保湿・保水を手抜きをしないようにしてください。

乾燥する時期の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.