―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 出産後と、それに続くしばらくの期

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/08/19

出産後と、それに続くしばらくの期

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大きく変化するため、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく目立つために、悩む人は多いです。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して保湿を一番に考えた肌のお手入れを心がけるようにします。美肌にいい成分として注目されているのが、「ポリフェノール」でしょう。

その一番のメリットは、抗酸化作用になります。体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、紫外線トラブルを予防したり、紫外線のダメージを受けたお肌にできたシミを目立たなくしてくれます。

いいこと尽くしの強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。

乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも忘れてはいけません。

必要以上にクレンジングや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうとうるおい不足の肌の方はさらに乾燥してしまいます。

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、必要以上に熱いのはNGです。

それに、保湿だけに留まらず、洗顔方法も再度確認してみてください。いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために食べてほしいものの一つです。

食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、逆にシミの原因になることもあるそうです。

。お肌の負担を軽くするために、みかんは夜食べるのがおすすめです。テレビで芸能人の肌なんかを見たら美しくてシミなど見当たりません。

とはいえ、芸能人もヒトですから、実際のところは、お肌の悩みからは逃れられないのです。むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、人よりもずっと、努力を惜しまないでしょう。

その方法から学んでみると、肌のお手入れの質がぐんとアップするかもしれません。

シミだらけのお肌になってしまったら、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。歳を取るにつれて、傷の治りも遅くなり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼け対策は怠ってはいけません。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどで紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、意欲的に摂りましょう。保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、気を配ってください。

では、保水力を上向きにさせるには、どのように肌を守るのかを学べば良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血の流れを良くする、美肌になれる素材を使った化粧品を試してみる、顔を洗い方に気をつけるという3つです。コラーゲンのうりである最も重要な効果は肌トラブルの改善といえます。これを体内にとりこむことによって、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝の働きが活発になり、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。

体内のコラーゲンが足りなくなることで肌の老化へと繋がるので出来る限り若々しい肌で居続けるためにも摂取されることをおすすめします。

お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、肌の乾燥には大変警戒しています。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアはかなり気をつかって丁寧に行っていますが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他にオイルの使用も始めてみました。

オイルも種類があって少しはまりそうなのですがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はお肌のことを考えてください。

糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

体内で糖分がタンパク質と反応し、老化の進行を早める糖化物質が生み出されるのです。

コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、お肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態になることもあるのです。

かつて一世を風靡したガングロが再度、ブームが起こりそうな気配です。数あるスタイルの一つとして定着を見せ始めた感じもしますが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。誰でもではないと思いますが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、シミがガングロではなかった人よりも多く生じるように思われます。「お肌のためには、タバコは厳禁!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても、同じなのです。

もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、できるだけ早くタバコは止めるべきです。タバコのいけない理由として一番に挙げられているのが、タバコによるビタミンCの消失です。

タバコを吸っていると、美白に重要なビタミンCが破壊されます。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。

その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが今や周知の事実です。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいでしょう。

乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととその後、潤いを閉じ込める作業を正確に行うことで、良くなると言えます。

毎日お化粧を欠かせない方の場合には、メイク落としから見直してみましょう。

化粧を落とす時の押さえておきたい点は、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌を守ってくれる角質や皮脂は残しておくようにすることです。肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。

それに、肌に水分を与えることです。肌に汚れが残っていると肌のトラブルが起こる要因となります。そして、肌が乾燥してしまっても肌を保護する機能を弱めてしまうことになるため、絶対に保湿を行ってください。

しかしながら、保湿を行いすぎることも肌にとってよくないことになります。

当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインがなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。

38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ケアして眠れば翌日にはすぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳を過ぎたらお肌の調子が整うまで、かなり時間がかかってしまい、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると健康に役立ちます。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物や有害物質がたまることでシミやくすみを悪化させてしまいます。

また、肌の奥から乾燥して、お顔にシワやほうれい線も目立つ結果になるので、常日頃から水分不足には気をつけてください。

かさつく肌の場合、スキンケアが非常に大事になります。誤った肌のお手入れは症状を悪化させるので、正しいやり方を理解しておきましょう。

第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。

皮膚のあぶらが気になるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと肌が潤いを失ってしまいます。反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝と夜の2回だけで十分です。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。

キメが細かくよく整った肌は皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして丁寧に泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。

力を込めて洗うと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。

また、洗顔した後は必ず保湿をしましょう。

化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなども場合によって使用してください。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.