―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 洗顔を終えたばかりの10秒間は肌の

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/05/25

洗顔を終えたばかりの10秒間は肌の

洗顔を終えたばかりの10秒間は肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。

シャワーを浴びたり、お風呂から出た後、洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。

この、短く貴重な奇跡の時間に何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとり化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行いましょう。

どのようにして肌にシワができるのか、その原因としては、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

エアコンの風にあたっていたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは特に気を付けましょう。

それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、とにかくまめな保湿を心がけることが大切です。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。

小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。それと、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見てびっくりしてしまいました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、はっきり映っていました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに疲れて帰宅してもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌を大事にしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。

保水できなくなってしまうと肌のトラブルを引き起こす原因になるので、用心してください。

水分を保つ力をより強めるには、どんな肌ケアを試すと良いのでしょうか?水分を保つ力を強くするための肌ケア法は、血の巡りを良くする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、正しい洗顔法を学ぶという3点です。

自宅で簡単にできて、効果も期待できるシワ対策ならやはりパックでしょうか。その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための有意義な時間です。

自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかもしれません。

市販のプレーンヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をし肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。

ヨーグルトパックの冷たさが毛穴を引き締めてシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。ここはシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またなかなか去りませんから、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

ここでは顔だけを見てみますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。コラーゲンの一番有名な効果は美肌効果であります。

これを体内にとりこむことによって、体内に存在するコラーゲンの新陳代謝が促進されて、肌のハリなどに効果を与えます。体の中のコラーゲンが不足すると老化を助けることとなるので、出来る限り若々しい肌で居続けるためにも積極的な摂取が必要です。肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。

それに、肌に水分を与えることです。

洗顔をきちんと行わないと肌のトラブルが起こる要因となります。また、肌の潤いが失われてしまうことも肌を保護する機能を弱体化させてしまうので、保湿を欠かすことがないようにしてください。

しかし、保湿しすぎるのも肌にとってよくないことになります。

スキンケアで気をつけることの一つがきちんと汚れを落とすことです。メイク後の手入れをきちんとしないと肌が荒れてしまうかも知れません。

しかし、クレンジングに念を入れすぎれば、いらない分の皮脂を取るだけにとどまらず、必要な分の皮脂まで取り除いてしまうことになって、必要な水分も保てず、肌が乾燥してしまいます。

そして、きちんと汚れを落とすこととはやり方といったものがあり、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。

一日最低2リットルの水を飲むことが全身の代謝を促進すると言われます。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物がお肌にたまるので、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。常日頃から水分不足には気をつけてください。

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、いろいろなトラブルが起こります。

肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産後、急激に減少し、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して保湿に重点を置いた肌のお手入れを続けるのが良いようです。美容成分をたくさん含んだ化粧水、美容液等を使うことで保水力を高めることができます。

スキンケアには、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧品を使用することをおすすめします。血流を良くすることも忘れてはいけないことですので、ストレッチや半身浴、ウォーキングなども行って、血液循環を改めてください。

当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。

この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、巨大なクマやほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。

こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳以降にはもう肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、疲れた状態が続いています。

元気になる日がくるのでしょうか。

煎茶や玉露などの緑茶はカテキン豊富な食材です。カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用を補完する役割をしています。美白を目指すのならビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂っていくことで、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを防ぐことができます。「肌を美しく保つ為には、タバコは絶対にダメ!」ということをよく耳にしますが、それは美白に関しても、同じなのです。

本当に白い肌にしたいのなら、すぐに禁煙するべきです。その理由として真っ先に挙げられているのが、喫煙がビタミンCを破壊してしまうことです。喫煙すると、美白にとって重要なビタミンCが減ってしまいます。

ここ数年間のことですが、肌のしわのことが気になってきて、仕方がありません。

中でも特に問題視しているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。目の周りは薄い皮膚だから、しわができやすいということで、スキンケアも丁寧に行っていますが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、クリームを塗り重ねることで、保湿にだけは手をかけるよういつも注意しています。

肌のカサつきに対処する場合には、セラミドを補充してください。

セラミドとは角質層において細胞の間で水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。角質層は何層もの角質細胞から成っていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

皮膚の表面の健康を保持するバリアのような働きもするため、足りなくなると肌トラブルの原因となるわけです。

洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で必要なことです。

ここをサボってしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。

そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿力や保水力のあるものを使ってください。さらに入浴剤を浴槽に入れたり、熱いお湯を使わないというのも非常に有効です。

肌にシミが増えてしまうと、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。年齢を重ねるにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。帽子、または日焼け止めなどで直接の紫外線を避けるとともに、ビタミンCの多い野菜や果物を、進んで摂るようにしてください。

肌のお手入れってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

いわゆるスキンケアを何もせず肌天然の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。けれども、メイクをする人はクレンジングは必須ですし、もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌の乾燥が加速します。ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかもしれませんが、足りないと感じたときは、肌のお手入れを行った方がよいかもしれません。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.