―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 一時は大ブームとなったガングロですが、ここにき

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/10/22

一時は大ブームとなったガングロですが、ここにき

一時は大ブームとなったガングロですが、ここにきて二度目の流行の兆しを見せています。

ファッションの流行の一つとしてなじんできたのかもしれませんが、懸念されるのはお肌のシミです。人それぞれですが、ガングロをやめた後はガングロではなかった人と比べて多くのシミが現れている傾向にあります。若い人の肌はバリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですが、だからといってスキンケアを全くしないで、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。

シワが発生する原因としては紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが肌にとって大きな問題なのです。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。

大切なお肌のために1番大切にしてほしいことはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。

間違った洗顔とはお肌にトラブルを招き潤いを保つ力を低下させてしまいます要因をつくります。

ゴシゴシ洗わずに包むように洗うしっかりとすすぐ、といったことに、注意して洗う洗顔をするようにこころがけましょう。

実際、スキンケア家電が隠れて流行っているんですよ。

我が家で時間を気にすることもなく、フェイシャルコースをエステで経験する時にも似た肌の美しさに磨きをかけることができるのですから、皆が手に入れたがるのも理解できます。ところが、わざわざお金を出したというのに頻繁に使用せずに、せっかくの商品に埃を被せてしまうこともあるようです。

実際に商品を買ってしまう前に、面倒に思うことなくずっと使い続けられるのかも確認すれば、後悔することはありません。「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。

活性酸素を抑制し、お肌にシミができるのを防いだり、悩んでいたシミにもなくしてくれるでしょう。効果としては文句なしの効果が期待できるポリフェノールですけれども、その効果は約4時間と短時間しかありません。美肌への第一歩としては、こまめな摂取をするということになります。いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大きく役だってくれます。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、むしろシミが広がることもあるそうです。

美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。洗顔を終わらせた、その後の10秒間はコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大事な時間だということを覚えておきましょう。

お風呂やシャワーを使った後やしっかり洗顔を終えた直後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。この短くても貴重な時間のうちに何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、化粧水をしっかり吸い込ませてあげてください。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。しかし、内部からの肌への働きかけは同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。偏った食生活や寝不足、喫煙を吸っていたりすると、どんなに高価で優れた化粧品でも、肌の状態を悪化させる一方です。まずは生活習慣を見直すことが、体の内側からスキンケアを行うことができます。スイーツに目がないという方はお肌のことを考えてください。

砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。糖分とタンパク質が結合することで、全身で老化を引き起こす糖化物質が生み出されるのです。肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になりかねません。

つい最近の話ですが、スキンケア中にとあるインスピレーションを得ました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線は目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれど周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

炭酸パックが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」と言われる酸です。

とても保湿力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸が入っています。加齢に従って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。

スキンケアで気をつけることの一つが適切な洗い方です。メイク後の手入れをきちんとしないと肌が荒れる原因になってしまいます。

しかし、洗う際に力が強すぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、カサつきの肌になってしまいます。それに、洗うと言った作業は何も調べずにおこなうのは危険で、正しい方法を知り、実践するようにしてください。自分に合った美白化粧品を探すのはなかなか大変です。すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはシミの原因は何かをしっかり調べてください。

シミの原因に対応した化粧品でなければ、シミを増やす結果になりかねません。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、日頃の生活の中で、シミの原因を作っていないかどうか考えることが健康な白い肌への最初の一歩だと言いきってよいでしょう。

テレビに映る芸能人の肌はシミなど見当たらない、美しいものです。

とはいえ、芸能人もヒトですから、本当はお肌に悩みがあるのです。

言うまでもなく、人前に出ることが仕事ですから、人よりもずっと、気にかけているのではないでしょうか。

芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、日々の肌のお手入れに生かせるかもしれません。スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また肌の水分を保つことです。

しっかり汚れを落とさないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。そして、肌の乾燥も肌を守っている機能を退化させてしまうため、保湿は必ず行ってください。

しかし、保湿しすぎるのもよくないことです。

スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

いわゆるスキンケアを何もせず肌そのものが持つ保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。メイク落としをしない人はいないですよね。

市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の乾燥が加速します。

肌断食をたまに経験させるのもいいですが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMで話題の「肝斑」です。肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが明らかになっています。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いといったことも他のシミとの大きな違いです。

肌のカサつきが気になる場合には、セラミドを補うようにしてください。

セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は複数層の細胞から作られていて、、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

皮膚の表面を健康な状態にしておくバリアのような機能もあるため、十分な量が存在しないと肌荒れしてしまうのです。

肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいということは、意外に知られていないかもしれません。

シワができやすい自覚のある人は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというと皮膚に厚みのある場合と比べ、皮膚に水分を溜めておけませんから、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして通常、肌は年齢とともに薄くなっていくものであり、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。最も有名なコラーゲンの効果といえば、肌トラブルの改善といえます。

コラーゲンを摂取することで、体内に存在するコラーゲンの代謝が活発になり、肌のハリなどに効果を与えます。

現実問題、体の中のコラーゲンがなくなることでお肌の老化が著しくなるので出来る限り若々しい肌で居続けるためにも積極的な摂取が必要です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.