―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > 一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/08/19

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが一般的に言われています。

それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいという特徴があります。

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。

幼い我が子と毎日のように一緒に公園で遊んでいました。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。一日に2リットルの水を飲むと全身の代謝を促進すると言われます。

お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。

老廃物が分解・代謝されなくなりお肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えることになります。水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

寒くなると湿度が下がるのでそれに伴って肌の潤いも奪われます。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌にトラブルを起こす要因となるのでお手入れが必要です。

水分が足りない肌のトラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを手抜きをしないようにしてください。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。紫外線を同じだけ浴びたとしても、それにより肌に出来るシミは人それぞれです。

簡単に言うと、シミができやすい肌というものが存在しているのです。

具体的な話では、白く、きめの細かい肌のことを言います。

見分け方についてですが、夏場、日焼けするとヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。

白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。

石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、お肌の汚れがとれて、気になっていたシミも薄くなってきたという話がネットで広がっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。

重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、たっぷりと潤いを与えてください。

色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。

この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が急に顏の中で存在を主張しはじめる気がするからです。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、適切にケアしてやれば次の日の朝には元気になっていたと思うのですけど、38歳を過ぎたら元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

年を重ねるごとにシミが増えてしまうのは、焦ってしまいますよね。若者のピカピカの肌を見ると、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。

何と言っても、シミができる大きな原因は紫外線と肌の老化と聞くので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングをしっかりしようと考えています。

お顔にシミが目立ってくると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。年齢を重ねるにつれて、肌の回復する力が弱まり、これくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、今までよりももっと摂っていきましょう。

よくテレビで芸能人の肌をみたりすると、シミなど見当たらない、美しいものです。

でも、やはり人間は人間ですから、実際のところは、肌トラブルに悩むことだってあるでしょう。

むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、人よりもずっと、必死になるのも仕方ありません。

肌トラブルの対策方法を芸能人に学べば、美肌を目指せるでしょう。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層が重なった作りになっていて、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージが届いてしまいます。真皮が損傷を受けてしまうと状況は深刻です。真皮は肌を支える重要な力をなくして、それでシワやたるみが起こるのです。

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、いろいろなトラブルが起こります。肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。コラーゲンのうりである最も重要な効果は美肌になるという効果です。

コラーゲンを摂取することで、体の中に存在するコラーゲンの新陳代謝の働きが活発になり、肌に潤いやハリを与えることが可能です。体内のコラーゲンが減少すると肌の老化へと繋がるので若い肌を継続するためにも摂取されることをおすすめします。水分不足が気になる肌は、日々顔を洗うこととその後、潤いを閉じ込める作業を正確なやり方をすることで、より良い状態にすることができます。毎日お化粧を欠かせない方の場合には、化粧落としから改めてみましょう。

お化粧落とししていて気をつけるところは、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に肌にとって余分ではない角質や皮脂は残しておくようにすることです。

乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことはお肌の水分を保つことです。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大事なことです。

クレンジングで力強くこすったり、強力な洗顔料を使用して皮脂が必要以上に落ちてしまうと肌はますます乾燥します。洗顔に使用するお湯の温度ですが必要以上に熱いのはNGです。やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが進行を遅くすることができます。

とはいえ、アンチエイジング効果のある化粧品を使っているからといって、生活習慣が乱れていれば、肌の老化に追いつけずあまり効果はわからないでしょう。

肌に体の中から働きかけてケアすることも重要ではないでしょうか。

年齢は肌に出ます。顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。わかりやすいのは、目の下でしょう。

この部分はシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年を取るに従って、このパーツについてのトラブルに悩む人は多くなっていきます。

肌の瑞々しさ、張りやツヤが加齢と共になくなると、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

顏限定で見ていきますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと眉間、口の両端、目の下と目尻、あとは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。

毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、肌に刺激を与えるようなものができるだけ含まないということが最も大切です。保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくて痒くなったり赤くなったりすることがあるので、配合成分について、しっかり見るようにしましょう。

また、安いからといって安易に選ばず自分に合ったものを選ぶことが大切です。

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロも減量することができたのです。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。ファスティングダイエットとしわの増加がなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。仕事と生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡に映った自分の姿を見てかなりビックリしました。目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労をはっきり映っていました。

こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どれ程疲れていようが、家に帰ったら面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を守るためにできることをしよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.