―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道

加齢や肌の乾燥によるによる肌の水分不足でしみ、しわ、毛穴増えるってご存知ですか?アラサー、アラフォーともなれば年齢的にも何もしないのはマズイ!10才若く見られる若返りの秘訣を考察します。
トップページ > お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/05/25

お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケ

お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。

メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。かと言っても、上質なオリーブオイルを用いなければ、肌が困った状態になることもあるのです。

同様にして、お肌の様子がおかしいと感じた時もただちに使用を中止してください。

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。もしその順番が間違っているなら、効果をほとんど得ることができなくなります。

洗顔のあとは急いで化粧水で肌に水分を与えます。

もし、美容液を使うときは化粧水の後になります。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。肌にしっかりと水分を与えてから乳液やクリームでフタをしていくのです。

日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのが美肌効果のあるローズヒップティーです。同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを摂れる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミ、そばかすを抑え、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

活性酸素の害からも守ってくれ、肌年齢の若返りに期待できます。肌のくすみを改善したい方はもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。

毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。

悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。

明るい肌作りの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったものできめ細かい泡を立てて洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うととても効果が期待ができます。

つい最近の話ですが、スキンケア中にとあるインスピレーションを得ました。充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわってあまりできないのかもしれない、ということです。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわがあまり目立たなくなってきたように思います。炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。

肌にシワができるのには原因があります。

何かというと、一番大きいのは乾燥の影響だと言われています。

屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかいたことで皮膚の保湿成分が一緒に流れてしまったりした時にはことさら注意するべきでしょう。

では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、とにかくまめな保湿を心がけることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。そのためにスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。

また、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミを予防し、かつ乾燥を防ぎます。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大きく変化するため、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使いとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。

とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。

しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるというしわ取りテープですが、実は以前、テレビでコスメ関連にとても詳しい芸能人によって紹介されていました。

その人も愛用されているようです。

気になるしわをのばしてテープを貼り、しわのない状態をテープがなくても続くようにしたい商品のようです。

貼っている間は引っ張られる感覚があって、効いている気がするのですが、あまりにも長い時間貼り続けていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、貼った場所に赤みやかゆみを起こすこともあるようです。しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!なんてことになったら大変です。

正しい方法で使用しましょう。

くすみが気になる原因としては、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。甘いものをたくさん食べる生活が続くと、どんな化粧品を使っていてもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。コラーゲンの働きが、過剰な糖と結合することで弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンが糖化したといいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてください。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、お肌の内部からきれいになり、シミを作らないためにおすすめの食べものです。

ただ、食べ方には注意しましょう。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。美肌のために食べるのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。

寒い季節になると冷えて血液がうまく流れなくなります。血のめぐりが悪くなると肌細胞に満足な栄養が届かず、新陳代謝がくずれてしまいます。

その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進を心がける必要があります。

血行が良くなれば、新陳代謝が活性化され、健康的な肌がつくりやすくなります。

皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。

大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、シワ、たるみが増えるわけです。

こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。お肌のために最も大切なのは正しい手順で洗顔を行うことです。

洗顔で誤ったやり方とはお肌を傷つけてしまいみずみずしさを失わせてしまう、要因になるわけですね。

ゴシゴシ洗わずに包むように洗う綺麗にすすぐ、以上のことに注意して洗う顔を洗うように心がけましょう。スキンケアを目的としてエステを利用するとき、効果を期待できるか気になりますよね。

エステ用に開発された機器などで保湿してくれます。

肌の血行不良も改善されますから若さの秘訣・新陳代謝もよくなるでしょう。

実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人がスキンケアといえばオイル!という女性もどんどん増えてきています。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなるでしょう。また、オイルの種類により様々な効果が表れますので、自分の肌に合った適度なオイルをぜひ使ってみてください。さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、フレッシュなものを選びたいものです。保水機能が低くなると肌トラブルを起こし易くなってしまうので、用心してください。

水分を保つ力をより強めるには、どんな肌ケアをすれば良いのでしょうか?保水する力を高めるのに良い肌ケアは、血行を促進する、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、上手に洗顔するという3点です。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットを試してみると、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。きれいになりたい、というその一心でファスティングを頑張ったのですが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかもしれません。ファスティングダイエットがしわとどう関係しているのかわかりませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、肌のお手入れをじゅうぶんに行いながら、少し様子見です。石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、汚れがキレイに落ちて、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、しっかりとお肌を潤いで満たすようにします。

お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。

しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることはそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。生活リズムが不規則だったり、喫煙などは、どんなに高価で優れた化粧品でも、お肌は綺麗になりません。

毎日の生活習慣を改善することにより、体の内部からのスキンケアにつながります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2015 肌の水分不足でシミシワが増える?!30代からのアンチエイジング道 All rights reserved.